ドッグフードの成分に注意!生肉を含む製品が愛犬と飼い主にもたらす危険性

動物

いまやペットは家族の一員であるという認識が当たり前になっています。

彼らと過ごす毎日は飼い主やその家族に大きな恩恵をもたらします。

愛情がゆえにときにペットは人間以上の高カロリー高栄養食品を口にすることがありますが、場合によってはそれがペット自身や飼い主を予期せぬ危険に巻き込むことはあまり知られていません。

 

最新の研究によると、ペットの犬が食べている生肉や生のドッグフードは病気の感染源になるおそれがあります。

スポンサーリンク

 

生肉を含むドッグフードに潜むバクテリア

 

生の肉をベースとしたドッグフードはこれまでの一般的なドッグフードに比べて、より健康的で自然な代用品とみなされています。

しかし研究者たちは生肉でてきた製品の多くが高レベルのバクテリアを含んでいる場合があるとし警戒を呼び掛けています。

 

スウェーデンを拠点とした研究者たちは健康リスクをもたらす可能性のある細菌について調べるために市販されている生のドッグフードを分析しました。

対象となったのはスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、そしてイギリスの10の業者によって製造された60パックの冷凍されたドッグフードです。

 

そのうち31パックには食中毒の一般的な原因であるカンピロバクターや、欧州連合によって設定されたしきい値を越える基準のサルモネラ菌を含む細菌が見つかりました。

また18パックからは糞便やウェルシュ菌(食中毒の原因になる)といった衛生基準を超える細菌が見つかりました。

基準値を超えたレベルの度合いは製造業者間で異なり、同じ製造業者の同じ製品間で大きく変動することもありました。

 


 

イギリスの医学誌BMJ(ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル)に掲載されたこの研究結果は、生のドッグフードを慎重に取り扱い、ペットの良好な健康状態を維持することが非常に重要であることを示しています。

 

研究者によると生のドッグフードからバクテリアを含んだ成分が他の食品に飛び散ったり、食後の犬が人間に顔を近づけたり“キス”をしたりすることがあるとしています。

そしてそれが幼児や高齢者、または免疫システムが弱い人たちにとって脅威になる可能性があると述べ、こうした人たちが住んでいる家庭では犬に生の食品を与えないことを推奨しました。

 

生肉を含むドッグフードを安全に扱うために

 

 

この研究はヨーロッパで行われているので日本の状況とは異なる部分もあります。

現在日本で売られているドッグフードは高品質で管理を徹底しているものがほとんどです。

それぞれの国や地域で事情は異なりますが、この研究は犬の食事と衛生に関するリスクについて飼い主が考える機会を提供しています。

 

ではもしあなたが生肉をベースとしたエサを犬に与えているのだとしたらどのように対処したらよいのでしょうか。

 

研究者たちは犬がそれを口にするまでエサは凍らせておくことを勧めています。

そして最大10度までの温度で解凍し、人間の食べ物から離して保管すること、そして台所用品も別々にすることを推奨しています。

 


 

研究で分析された生肉ベースのドッグフードには牛、鶏、小羊、七面鳥、豚、鴨、トナカイ、サーモンの肉と、骨類および臓器が含まれていました。

これらは微生物を排除、または減少するためのいかなる熱処理も受けていませんでした。

 

バクテリアなどの細菌を死滅させるために熱処理をすることが多いドッグフードですが、それによって栄養素も破壊されてしまうため最近では低温で処理したドッグフードも登場しています。

化学調味料や食品添加物を使わず栄養が残っている反面、今回の研究で示されたような細菌による感染の危険も存在しています。

 

 

 


 

ドッグフード業界は参入企業も多く、それぞれが独自の工夫を凝らした商品を販売しています。

しかしその一方で消費者が本当に愛犬のためにいいと思うものを見極めにくくなっています。

 

ドッグフードが何で出来ていてまたそれがどうやって作られたのかについて知ることは、現代の飼い主にとって重要な必須科目といえるかもしれません。

 

 

References:CNN

動物
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント