6か月間のウォーキングは認知機能の低下を遅らせるのに効果がある(研究結果)

雑ネタ

運動が身体によいとわかっていても継続することはなかなか難しいものです。

しかし運動は身体だけではなく、脳機能や心の状態にまで良い影響を及ぼす力があります。

 

最新の研究結果から運動のもつ優れた効果についてみていきます。

スポンサーリンク

 

1週間に3回だけの運動

 

 

1週間の間に3回程度の運動をすることは、脳機能や心臓にとてもよい効果があることがわかりました。

 

最新の神経学ジャーナルに掲載された報告によると、週3回程度のウォーキングやサイクリングをすることは思考力を向上させ、脳機能の低下を遅くするという結果が出ています。

またそこに健康的な食事を追加すればさらに効果があることもわかりました。

 

デューク大学の臨床心理学者James Blumenthal博士によると、定期的な運動と良い食事は思考力を向上させ脳年齢を若返らせる効果があるとしています。

 


 

うつ病や全般的な心臓の健康について長年研究してきたBlumenthal博士は、運動と食事が認知症を発生しやすい患者の認知機能低下を遅らせたと述べています。

 

研究は脳機能の問題を抱えた160人の高齢者を対象に行われました。

彼らのほとんどは高血圧や心臓疾患のリスクを抱えていて、また日常的に運動をせず、意思決定や記憶、集中などに関しての問題を抱えています。

 

参加者の平均年齢は65歳、3分の2が女性で、白人とそれ以外の人種の人が均等に分けられています。

集められた160人は4つのグループに分けられ実験に参加することになりました。

 

運動と食事療法のもつ効果

 

Blumenthal博士らのグループは6か月間の研究のため、参加者を4つのグループに分けました。

それは以下の通りです。

 

1つめのグループ――

このグループはDASHと呼ばれる食事療法を行います。

 

DASH(Dietary Approaches to Stop Hypertension)は野菜や果物、全粒穀物を重視し、塩分や脂肪分の多い食品、またお菓子類をカットする食事メニュー。
高血圧を予防し治療するためにアメリカで考案された食事療法として広く知られている。

 

このグループは食事について専門家から栄養指導を受けますが、いつ何を食べるかについては自由でした。

 

2つめのグループ――

このグループは運動をしますが、食事療法は行いませんでした。

最初の3か月間心臓リハビリ施設で運動の指導を受け、週に3回それほど激しくない運動を行いました。

この運動は身体を10分間温めた後、35分間連続したウォーキングやサイクリングをするものです。

その後の3か月間は自宅でそれを行い、定期的な報告をしました。

 

3つめのグループ――

このグループは1つめと2つめのグループがしたことを両方行いました。

つまり週に3回運動をしDASH食事療法を取り入れました。

 

4つめのグループ――

このグループは健康教育担当者と心血管リスクを軽減するためのアドバイスを30分だけ受けた後、これまでどおりの日常を過ごしました。

 

実験の結果はめざましいものでした。

 

実行機能の大幅な上昇

 

 

1つめのグループと4つめのグループは統計的に優位な改善が見られませんでした。

 

2つめのグループ(運動だけをしたグループ)は運動をしなかったグループと比べ、脳の実行機能が大幅に上昇しました。

 

実行機能は脳の認知システムで、複雑な課題を実行する際に思考や行動などを制御する機能のこと。
60歳以降の高齢者では機能の低下が顕著になる。

 

ワイル・コーネル・メディシンのアルツハイマー病予防クリニックを指揮するRichard Isaacson博士は、これは有酸素運動が脳に良い影響を及ぼしたことを示している、と述べました。

 

またBlumenthal博士はこのグループが、座りがちで認知障害がある高齢者であることを強調し、誰もが(若い人や健常者であっても)運動プログラムを続けることで効果をあげることが証明できたと語ります。

 

しかしそれ以上の効果を示したグループがあります。

それが4つめのグループ(DASHと運動の両方を取り入れたグループ)でした。

 

このグループの実行機能のテストは他のグループを上回っていました。

何もしなかった4つめのグループは38ポイント、運動を取り入れた2つめのグループが42ポイントだったのに対し、このグループは47ポイントを示しました。

運動と食事療法を取り入れたこのグループは、実行機能の平均スコア年齢を9歳も若返らせることができました。

 

この結果から適度な運動を長い期間継続することと食事療法を組み合わせることは、脳機能の向上ないしは低下の遅れに有効であることがわかりました。

 

運動と食事をコントロールすることは健康的なライフスタイルにつながる

 

 

今回の実験では認知機能については改善がみられましたが、記憶に関してはどのグループにおいても有意性が認められませんでした。

 

これについては実験期間の短さも関係しているとIsaacson博士はいいます。

 

もしこの研究が18か月続けられたか、あるいは異なる種類の食事療法を使用したならば記憶の改善がみられたかもしれない。

 

Isaacson博士はさらなる追加の研究の必要性を付け加えました。

 


 

Blumenthal博士は今回の研究結果をポジティブに受け止めているようです。

 

重要なことは、健康的なライフスタイルを採用することで認知機能が改善されることです。始めるのに遅すぎることはありません。

 


 

年配の方を対象とした研究結果ではありますが、それより若い人たちにもこの方法が有効であることに変わりはありません。

 

適度な運動と適度な食事をとること――それだけで健康が続くのならばそれが一番の長生きの秘訣なのかもしれません。

Blumenthal博士が述べたように、何事も始めるのに遅いなんてことはないのですから。

 


 

以上、運動と食事療法が認知機能の低下を遅らせるのに効果がある、という研究結果のお話でした。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

References:neurology.org,CNN

雑ネタ
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント