トマトに含まれるリコピンが精子を活発にするという研究結果、不妊治療に役立つ可能性も

雑ネタ
Image by Gerd Altmann from Pixabay

不妊の原因の一つに男性の精子の質の低さがあります。

この問題に対する効果的な治療法はほとんどありません。

しかし最近行われた身近な食材を使った実験は、日々の食事を改善することで精子の質を高められる可能性を示唆しています。

 

スポンサーリンク

 

リコピンは精子の健康に良い影響を与える

 

イギリスのシェフィールド大学の研究チームは、不妊の原因となる男性の精子の質の悪さに対し効果的な改善方法を発見しています。

NHS(イギリス国民保険サービス)は不妊に悩むカップルに対するガイドラインとして、健康的なライフスタイルの維持やゆったりとした下着の着用、そして受精の可能性を最大限にするためにパートナーとの間で性交に関するスケジュールを定めることなどを提案しています。

しかしこれをしたからといって不妊が必ず解消されるわけではありません。

 

古くから男性の精子の質を向上させるための特定の栄養素探しが行われてきました。

今では精力増進から心理的な面をサポートするものまで、性生活を改善させるという触れ込みのあらゆる商品が店の棚に並んでいます。

そんな精力を維持または改善するための聖杯探しが続く状況のなか、研究チームは身近にある食材「トマト」に着目しました。

トマトには「リコピン」と呼ばれる有機化合物が含まれていて、主にその抗酸化作用が老化を防いだり健康に役立つとして近年注目されています。

 

photo by Sheila Pedraza Burk on BURST

 

研究者はランダムに選んだ健康な男性60人に、リコピンを14ミリグラム含んだサプリメントを12週間にわたって摂取してもらいました。
(この60人の中には偽の(プラシーボ)サプリメントを摂取するグループも含まれています)

そして実験の開始後、6週間後、12週間後の3段階に分けて精子の状態を調べました。

結果はいずれの期間においても、リコピンのサプリメントを摂取したグループは偽のカプセルを飲んでいたグループよりも精子が健康的で活発であることがわかりました。

精子の濃度に差異はありませんでしたが、リコピンを摂取したグループの精子は健康な状態を長く維持し、また高い運動性を示しました。
(精子の運動性の低さは卵子に到達する確率の低下につながるため不妊の原因となります)

 

この結果についてシェフィールド大学の人間栄養学の専門家であるリズ・ウィリアムズ博士は次のように述べます。

 

今のところ男性に与えられるアドバイスはありません。アルコールの摂取量を減らし、健康的な食事をとるよう心掛けてください。

 

……これは一体どういうことなのでしょう?不妊治療のためにトマトを食べるのは推奨されないということですか?

 

この点について博士は、今回の研究が小規模なものであることに注意を促します。

 

より大規模な研究を行う必要があります。しかし結果は非常に有望です。

 

博士はリコピンが精子の健康に影響を与える可能性を認めつつも、この研究が“健康な”男性を対象に行われていることを指摘し、今後は生殖能力に問題を抱えている男性を対象に、リコピンが彼らの精子の運動や質を向上させることができるのかを調査すべきだと語りました。

 

リコピンが男性の不妊に役立つことがわかれば、現在行われている侵襲的な(体を傷つけるような)不妊治療を避けることにつながります。

不妊に悩むカップルに新しい選択肢を提供するという意味で今後のさらなる研究が期待されます。

 


 

今回の研究は小規模なものであり、また被験者の男性たちが摂取したリコピンもサプリメントという形態でした。

男性たちが摂取した14ミリグラムのリコピンを通常のトマトで得るには、毎日2キログラムのトマトを消費する必要があります。

不妊治療用のリコピン錠剤が販売されるにはしばらく時間がかかりそうですが、ウィリアムズ博士が述べたように未来には明るい希望があります。

研究によって不妊治療の選択肢が増えることを祈りつつ、それまでの間はおいしいトマトを頂くことにしましょう。

 

 


 

 

せつな
せつな

トマトにはこんなパワーがあったのか……

しぐれ
しぐれ

リコピンは体にいいんだよ~早速買い出しに行かなきゃだね~!

せつな
せつな

いや……毎日2キロはちょっと無理かも……

 

 

References:European Journal of Nutrition,BBC

雑ネタ
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント