大量のヒルをカバンに入れていた男がカナダの空港で御用に(ヒル画像あり)

動物

密輸品や禁止薬物をその鋭い嗅覚を使って見つけ出す空港の探知犬ですが、彼らは思いもよらないものまで嗅ぎ取ってしまうようです。

 

2018年の10月にカナダの空港で御用になった男はそのカバンの中に見慣れぬ荷物をぎっしりと詰め込んでいました。

職員が探知犬に異常を告げられそのカバンを開けたところ、そこには何百もの容器の中に入った5000匹ものヒルがうごめいていました。

 

男は許可なく外来生物を密輸しようとした罪で起訴されています。

スポンサーリンク

 

ヒルは昔から医療用として利用されていた

 

 

オンタリオ州の野生生物取締局の情報部長であるAndré Lupert氏によると、空港で捕まった男はロシアから帰国したばかりで、国際的に規制されたヒルの種を持ち込んだとして起訴されました。

ヒルは医療用のものとみられていて1匹約10ドルで取引されているといいます。

 

男は取り調べに対しヒルは個人的な利用のためのもので、主に自分が育てている蘭に使用するつもりだったと主張しています。

 


 

ヒルは古来から医療の世界で利用されてきました。

サウスカロライナ州のメディカルリーチミュージアムの創設者であるRoy Sawyer氏の研究によると、19世紀初頭のヨーロッパでは医療用ヒルが過剰に使用されたため、ついにはそれらを守るための保全活動が起きたといいます。

この影響で西ヨーロッパでのヒルの数が激減し今ではほとんどが枯渇している状態です。

 

“絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約”――いわゆるワシントン条約では、特定の絶滅危惧種を移動させるには許可が必要になっています。

今回押収された2種類のヒルはどちらもワシントン条約の保護リストに入っていました。

 

カナダの医療機関では実際にヒルを治療に利用していて、その多くがアメリカから入ってきます。

それらはもちろん煩雑な輸出入手続きを経ています。

 

アメリカは2004年に医療用としてのヒルの利用を承認しました。

 

ヒルの住居を見つけるために電話をかけまくる

 

 

この見た目的にも法律的にも扱いにくい5000匹ものヒルに頭を悩ませたのが空港関係者でした。

 

男の調査が継続中のためヒルは重要な証拠です。

また空港関係者はどんな理由があろうともヒルを殺すことを望んでいませんでした。

 

Lupert氏はヒルたちがカナダ固有の種ではないため野生に放つこともするべきではないと語ります。

 

ヒルたちは証拠とみなされています。最終的には裁判官次第ですが、もし男がこれを見たいと言ったならば残しておかなければなりません。

 

Lupert氏はヒルたちの住居の問題を解決するべく様々な場所へ連絡をとりました。

 

まず最もヒルについての知識と経験が豊富であろう医療施設は住居の提供にあまり熱心ではありませんでした。

Lupert氏によるとカナダでヒルを利用している医療施設は多くても1年間で500~1000のヒルしか必要としていないようで、5000匹という数は彼らにとって明らかな重荷であったことがわかります。

 

次に連絡が取れたのはトロントにあるロイヤルオンタリオ博物館です。

博物館は50匹だけを連れていくことに同意しました。

 


 

このままでは4950匹のヒルたちの世話をしなければならなくなってしまいます。

Lupert氏はカナダだけでなくアメリカにも連絡範囲を広げることにしました。

 

そしてようやく見つかったのがアメリカ自然史博物館でした。

残念ながら全てのヒルとはいきませんでしたが、1000匹のヒルが新しい住居に引っ越すことになりました。

 

自然史博物館のMark Siddall氏は25年にもわたるヒルの研究者で、自身の研究と大学の生徒のためにヒルを引き受けたと語りました。

 


 

Lupert氏は現在でも残された3950匹のヒルの世話をしています。

定期的に水をかえながら彼らの新しい住居について電話をかけ続けているそうです。

 

空港を騒がせた大量ヒル事件の審理は2月15日に予定されています。

 

 

 


 

とんだ迷惑を被ってしまったLupert氏ですが、それでもヒルの世話をし住居を見つけようと奔走しているのはとても立派なことだと思います。

 

早くヒルたちの次の居場所が見つかり、Lupert氏が通常業務に戻れることを願うばかりです。

 

 

Source:NationalGeographic

動物
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント