にゃんこがご入用?野良猫をハンターとして派遣する市民コミュニティの試み

動物

人間にも動物にも、もちろん野良猫にだって得意な分野があるはずです。

ただしそれは適材適所というルールの上での話になります。

 

日本だけでなく大都会ニューヨークにおいても野良猫の問題は市民の悩みの種です。

猫はかわいい動物ですが、動かないおもちゃと違って食べ物や住む場所が必要になります。

また必ずしも猫が好きな人ばかりでもありません。

 

そうした複雑な状況を少しずつでも改善しようと活動している団体があります。

スポンサーリンク

 

ニューヨークでは月間1000匹以上の野良猫が捕獲される

 

 

New York City Feral Cat Initiative(NYCFCI)は、野良猫を人道的に捕獲して元いた場所に戻す活動をしている市民コミュニティです。

 

NYCFCIの活動を特徴づけるもっとも大きなものは、Trap–neuter–return (TNR)とよばれるものです。(Trap(ワナ)、Neuter(去勢)、Return(戻す)の意味です)

 

これは野良猫を捕獲して去勢や避妊手術を施し、その後発見された場所に戻すというものです。

 

猫はワクチンを施され、耳の先端にその証として小さな傷をつけられます。

これはニューヨーク市内に住む人たちが、TNR処理を受けた猫だと視認するためのものです。

 

NYCFCIは毎月1000匹以上の猫を捕獲しています。

 

しかし別の問題もあります。

それはニューヨーク市は開発が盛んな地域であるため、数か月の間に景観が変わってしまうことがある、ということです。

猫を発見した場所に戻そうとしてもそれがなくなっていたり、工事中になっていることがあるのです。

 

NYCFCIの教育ディレクターであるKathleen O’Malleyさんは言います。

 

猫を移動させることは最終手段ですが、土地の人たちとの対立や不動産の問題もあります。ここはニューヨークですから猫の居場所がいきなり消えてしまうことがあるんです。

 

せっかく地域猫として新たな一歩を踏み出そうというのにこれでは困ってしまいます。

 

そんなときこそ猫の持つ力を売り込むときです。

 

適材適所で能力を発揮するにゃんこたち

 

 

NYCFCIは捕獲して去勢を施した猫を”ハンター“として派遣することを考えました。

 

猫はネズミが大好きです。

また小さくて動くものだったら何にでも興味を示します。

そして幸いなことにその多くは人間が嫌っているものなので、ここにマッチングの機会が生まれるのです。

 


 

猫を受け入れる住人は猫のための居住スペースや食事を用意しなければなりません。

そして猫のほうもそこで仕事をするためには準備期間が必要です。

 

O’Malleyさんによると、新しい環境と雇い主に適応するには1か月かかる可能性があります。

 

うまくいったかどうかを見極めるには、よく食事をとることゲージを通して触れられること、この2点を満たすことだといいます。

 

そして、晴れて住む場所と食事を確保できた猫はその見返りにネズミや害虫を駆除する、というわけです。

 

日本とは住宅事情が異なるので一概に参考にはなりませんが、この取り組みどおりにできるならば猫も雇い主もハッピーでとてもいい取り組みですね。

 


 

実際のところ猫の仕事ぶりはどうなのでしょうか。

 

ニューヨークを拠点に活動する非営利団体、米国動物虐待防止協会(ASPCA)のJesse Oldham氏は次のように述べます。

 

猫が全てのネズミを捕らえる保障はありませんが大体はうまくいきます。また猫のような人もたくさんいます――社交的でない人にとって猫が身近にいることはうれしいことです。

 

実利的な部分もあれば、都会での孤独を和らげる効果もある、ということです……にゃんこパワーはすごい!

 


 

ニューヨークのクイーンズに長年住むRichard Stoikeさん一家は、最近Lolaと名付けられたハンターを雇い入れました。

Lolaは前の飼い主が引っ越しの際に置き去りにした猫でした。

 

NYCFCIからやってきたLolaの仕事ぶりにStoikeさんは感心しています。

ネズミを捕るのに毒や道具を利用しなくて済むことを隣人たちに話して聞かせています。

 

Lolaは家の外にあるゲージが寝床ですが、寒い冬には暖房パッドを敷いたStoikeさんの家のガレージで寝泊まりします。

そのお礼なのかはわかりませんが、Lolaはときたま玄関に贈り物を置いていくそうです……もちろんネズミの。

 


 

飼い主が責任を持つようになれば捨て猫や野良猫も減ると思うのですが、なかなか難しい問題です。

 

NYCFCIのように、今ある問題から一つずつ片づけていこうという姿勢には学ぶべきところがあります。

猫も人間も尊い命に違いはないので、仲良く共存できるのを願いたいものですね。

 

 

 

 

References:NYCFCI,NewYorkTimes

動物
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント