外来種を駆除する難しさ マツテンはトウブハイイロリスの脅威ではない

動物
(Yellowstone National Park/Flickr)

イタチの仲間である「マツテン」は、北米から侵入した「トウブハイイロリス」の天敵であるとして、イギリス国内で保護されています。

トウブハイイロリスは農作物や生態系に被害を与え、在来種である「キタリス」に致命的な病気をもたらす外来種として認識されています。

国内での数が激減しているマツテンもキタリスを襲うことがありますが、この2種は数千年にわたって共生関係を築いてきました。

 

マツテンは、トウブハイイロリスの魔の手からキタリスを救う、ヒーローとしての役割が期待されています。

しかし新しい調査によると、マツテンはトウブハイイロリスにとって天敵ではなくなりつつあります。

 

スポンサーリンク

 

マツテンとトウブハイイロリスの生息域の違い

 

北アイルランドのクイーンズ大学ベルファストが行った大規模な調査は、マツテンとトウブハイイロリス、そしてキタリスの関係性が時と共に変わりつつある実態を明らかにしています。

調査では北アイルランドの都市部と農村部、計332か所にカメラトラップを仕掛け、3種の動物の行動をモニタリングしました。

得られたデータは、それぞれの種が将来どのように分布していくのかを示す予測モデルに使われました。

 

 

シミュレーションの結果は、マツテンとトウブハイイロリスの生息域が交わらないことを示しました。

 

マツテンは森林のスペシャリストである一方、トウブハイイロリスは都市環境に適応していました。

トウブハイイロリス (Tim Dutton/Flickr)

 

Journal of Applied Ecologyに掲載された研究の著者であるクイーンズ大学のジョシュア・トワイニング氏は、「マツテンはヨーロッパのどこにおいても都市部には住んでいないため、トウブハイイロリスを駆除する唯一の解決策になる可能性は低い」と述べ、「マツテンをサポートする措置を講じなければ、いずれキタリスは絶滅するかもしれない」と指摘しています。

 

キタリス (hedera.baltica/Flickr)

マツテンは以前の研究で、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドにおいて、トウブハイイロリスの天敵として機能していることが確認されていました。

シミュレーション結果は、将来マツテンの住む森林が減少し、それによってトウブハイイロリスの勢いがさらに増すことを示しています。

 

トワイニング氏は、マツテンのキタリスを救う能力は「個体数の継続的な回復」、「森林の被覆」、「都市部における避難所」の3つの条件に左右されると述べています。

 

スポンサーリンク

 

都市部に存在するマツテンの避難所は、トウブハイイロリスにとって必ずしも脅威ではありません。

過去の研究では、被食者が捕食者との接触を繰り返すことで遺伝的に強くなる例が発見されています。

本来森林で生活しているマツテンを都市に住まわせた場合、トウブハイイロリスはマツテンに対する抵抗力を獲得する可能性があります。

 

研究者はマツテンとキタリスを守るには、自然の森林を増やし、都市部のトウブハイイロリスの数を制御する必要があると結論づけています。

 


 

 

せつな
せつな

外来種をピンポイントで駆除するのは至難の業……

かなで
かなで

森林が減ってるのも問題だねー

 

References:The Guardian

コメント