少女の願いは届いた、行方不明だった猫とついに再会(ちょっといい話)

動物

クリスマスが終わってしまうと物悲しい季節がまた戻ってきます。

いい思い出もそうでない思い出もとりあえずは時の流れにまかせてしまって、ここでは一つのいい話を紹介したいと思います。

 

プレゼントにはいろんな形があるけど、決して金額が高いか低いかで決まるわけではないってことを思い出してもらえれば、寒い夜もちょっとだけほっこりするかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

娘のために2匹の猫を養子に迎える

 

オハイオ州キャンフィールドに住むモニーク・マークスさん一家は、コヨーテが近くにいる田園地帯に暮らしていました。

 

モニークさんは今年の8月、7歳の娘のアバちゃんのために子猫を養子に迎え入れることにしました。

2匹の猫はそれぞれ”シンバ”と”シバ”という名前がつけられ、アバちゃんは大層大事に2匹の面倒を見ていました。

 

しかし子猫の活発さと周囲の広さとが重なり、11月に入ってからシバが行方不明になってしまいます。

モニークさんと夫、そしてアバちゃんは家の周囲をくまなく探します。

しかし周りはコヨーテが徘徊する土地です。

 

コヨーテはオオカミに似た動物で、近年オオカミの減少に乗じて北アメリカでは生息範囲を広げています。
群れで行動し自分よりも大きな獲物を仕留めることができ、家畜を襲うことも頻繁にあります。(ときには人間でさえ襲われることがあります)
犬や猫などは彼らの代表的な標的といっていいでしょう。

 

1週間以上をかけてシバの痕跡を探しますが、結局一つの手がかりも得ることができませんでした。

両親は現実を受け入れることにしましたが、アバちゃんはそうではありませんでした。

 

サンタさんならシバを見つけてくれるはず

 

クリスマス休暇が近づいていました。

アメリカのクリスマス休暇は日本のものに比べると段違いに期間が長く、12月20日頃から年明けまで休みに入るのが一般的です。

 

家を空ける前にシバのことをどうしてもあきらめられないアバちゃんは秘策を思いつきます。

それは、サンタさんにお願いして今年のクリスマスプレゼントにシバを見つけてもらうこと、です。

 

アバちゃんはサンタさんに手紙を書きました。

 

シバがいなくてとてもさみしいです。
シバは黒猫でとってもかわいいです。
サンタさん、どうかシバを見つけてください。

 

2週間後、サンタは少女のお願いをかなえてくれました。

 


 

キャンフィールドにある動物保護施設Angels for Animalsには、たくさんの捨てられた犬や猫、飼い主のわからない動物などが収容されています。

 

Angels for Animalsはペットの飼い主に責任ある行動をとるように啓蒙する団体で、ペットにマイクロチップを装着することを推奨しています。

 

アバちゃんがサンタに手紙を書いてから2週間後、Angels for Animalsにやってきた黒い猫がいました。

その猫はマイクロチップをつけていました。

 

マークスさんの家は2匹の犬を飼っており、その2匹にはマイクロチップがつけられていました。

同様に2匹の子猫にもマイクロチップをつけていました。

しかしシバが行方不明になってから時間がたちすぎていたことが、生存の可能性について考えるのを難しくさせました。

 

でもクリスマスは特別――奇跡が起きてもいい期間です。

 


 

Angels for Animalsから電話がかかってきたとき家族は車で移動中でした。

マイクロチップをつけたシバがマークスさんの家の猫であることがわかり連絡をくれたのです。

 

シバが見つかったことを告げるとアバちゃんの顔が明るくなりました。

 

 

モニークさんはサンタが奇跡を起こしたのではないことを知っています。

おそらく街の誰かが迷い猫としてシバをAngels for Animalsに連れていったのです。

 

それでも母親は娘の夢を壊すようなことは言いません。

 

私はサンタがシバを見つけたわけではないことを知っている。

でもアバはサンタさんのおかげだと信じているのよ。

 

こうして少女のクリスマスの願いはサンタさんによってかなえられました。

シバが戻ってきてしっかり抱きしめているアバちゃん、本当によかったね!

 


 

Angels for Animalsはマイクロチップの装着は”最高の保険である”と述べています。

アメリカでは25ドル程度で装着することができるそうで、今回のようにペットが行方不明になったときにはとても役立ちます。

スイスやフランス、オーストラリアなどではマイクロチップの装着は義務化されているようで、日本でも徐々に浸透し始めています。

 

ペットはただの動物ではなく家族の一員です。

何かあったときのためにマイクロチップの装着を検討するのは飼い主の務めなのかもしれません。

 

……でも何もないのが一番!愛するペットがどこにもいかないようにギュっと抱きしめてあげて下さいね。

 


 

以上、迷い猫がサンタさんへのお願いで見つかったというちょっといいお話でした。

 

 

 

References:Angels for Animals,msn

動物
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント