渡り鳥の衝突死の原因は人工的な光にある:夜間飛行する渡り鳥は光によって混乱する

動物
Image credit: Roger Hart/University of Michigan Photography

鳥たちはお互いの位置や行き先などを独自のルールを使った“会話”で把握しています。

彼らが空を飛ぶ姿は自由で優雅でうらやましいものですがその飛行は無計画に行われているわけではありません。

夜間の視界の悪い時でさえ鳥たちの会話は群れを誘導できますが、困ったことに都市部においてはその能力が阻害されている可能性があります。

 

近年渡り鳥が目的地に着くまでの飛行中にビルや建物に衝突するケースが増えています。

鳥たちは夜間の飛行中、人工的な光が原因で命を落としています。

スポンサーリンク

 

渡り鳥のナビゲーションシステム“フライトコール”は人口の光で混乱する

 

ミシガン大学の進化生物学助教授Benjamin Winger氏は、1978年以来監視が続けられている渡り鳥の夜間飛行中の衝突死について調べています。

監視はシカゴにあるコンベンションセンターに衝突し命を落とす渡り鳥が多いことに気づいた鳥類学者が始めました。

これまでに多くのボランティアの協力により93種、7万近くもの衝突死データが蓄積されています。

 

渡り鳥は夜間に飛行する際“フライトコール(Flight Calls)”とよばれる独自の会話を使って群れを誘導したり行き先についての情報を共有しています。

Winger氏は夜間にコンベンションセンターに衝突する鳥が多いのはこのフライトコールが関係していると考えました。

 

夜間のフライトコールは鳥が行き先を誘導し群れの集団的意思決定を促進するために進化した可能性があります。しかしこの社会的行動は広範囲の人為的妨害によってその脆弱性を悪化させるかもしれません。

 

別の研究において人口の光は夜間に移動する鳥の飛翔回数を増加させることがわかっています。

都市部の上空と農村部の上空を飛行する渡り鳥の間にはその飛翔回数に3倍もの開きがあります。

このことから鳥類学者たちは1978年からのデータを収集した後、渡り鳥の飛行ルート上にある都市の光源について調べました。

そして最も被害が多かったコンベンションセンターに働きかけ夜間のライトアップを減らした結果、データは衝突する鳥の減少をはっきりと示しました。(明かりを少なくする前の75%もの減少)

 

しかしこの事実だけではフライトコールと衝突との間に関連性があるとは言い切れません。

そこでWinger氏はシカゴだけではなくもっと広範囲な地域分析を行いました。

また全ての渡り鳥がフライトコールをするわけではないことを別の鳥類学者から教えてもらい、改めて衝突データからフライトコールの有無とその衝突率について調べることにしました。

 

その結果判明したのは、フライトコールを行う渡り鳥は行わない鳥に比べて衝突率が高い、というものでした。

(コンベンションセンターに衝突したフライトコールをする種で最も多かったのはスズメ、ウグイス、ツグミでした)

これはフライトコールが鳥たちの間で交わされる意思決定の会話というだけでなく、周囲の明かりに反応しその内容を混乱させてしまう可能性があることを示唆しています。

 

人工の光によって混乱した個体が別の鳥をフライトコールで導く場合、この関係は死亡率の増加という悪循環を生み出す可能性があります。

 

Winger氏は今回の研究結果が、都市部での鳥の衝突が人工の光によってもたらされたものであるという証拠を提供していると述べています。

 


 

鳥たちが夜間にフライトコールを使って移動先を誘導していても実際に人間の目で確認することはできません。

しかしデータが示すように人工の光が彼らのナビケーションシステムを混乱させるのならば、夜間の消灯は鳥たちを守る具体的な方法になります。

 

長い距離を季節ごとに旅する渡り鳥の行動は生物の神秘と驚異に満ちています。

彼らの旅を邪魔しないためにも、大都市の夜が少しでも暗くなり自然のままの夜でいられることを願います。

 

 

References:MichiganNews

動物
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント