シマウマの模様には虫刺されを防ぐ効果がある

動物

白と黒のストライプ模様が特徴的なシマウマですが、この模様には虫刺されを防ぐ効果があることが最近の研究から判明しました。

 

シマウマの白黒模様は捕食者から目立たなくするために進化したと考えられています。

今回の調査はそこに防虫効果が含まれていることを明らかにしています。

スポンサーリンク

 


 

ハンガリーにあるEotvos Lorand大学の科学者たちは、シマウマのストライプ模様について知るために一風変わった実験を行いました。

 

彼らは異なる色を塗った複数のマネキンを用意し、それを吸血性のアブが飛びかう牧草地に4週間放置しました。

マネキンには接着剤がついていて人間と間違えたアブたちが絡めとられる仕組みになっています。

 

マネキンの種類は3つで、一つは黒く塗ったもの、一つはそのまま、もう一つがシマウマのように濃い褐色と白のストライプでした。

そして4週間後にマネキンに付着したアブの数を数えます。

 

その結果は意外なものでした。

 


 

アブが最も取れたのは黒いマネキンでした。

そして次点がきれいなマネキンで、シマウマ模様のマネキンは最もアブを寄せ付けませんでした

シマウマ模様のマネキンと黒いマネキンのアブの付着数は10倍以上の開きがありました

 

この結果から、縞模様がそうでないものに比べて圧倒的にアブを寄せ付けなかったことがわかりました。

 

 

この研究の主執筆者は縞模様がアブの攻撃性を低下させることを指摘します。

 

そしてこれがボディペインティングを特色とする文化の部族にとって役に立つ結果かもしれないと付け加えました。

 

縞模様はアブたちの攻撃性を著しく低下させました。これはアフリカやオーストラリアの人々が行うボディペイントにも役立つかもしれません。

 

スウェーデンのルンド大学の動物学教授SusanneÅkesson氏によると、吸血性のアブといったような虫たちからの攻撃を予防することは、病気や伝染病の対策にもなると語っています。

そしてこれが特定の部族に限った話ではなく、私たちが着る服の色についても洞察を与えてくれるといいます。

 

黒い服や暗い色の服は避けるべきです。明るい色……白かベージュがいいでしょう。

 

またアブやハエなどが卵を産む水場に似ているという理由から、反射材料を含むものを着ないことを推奨しています。

 


 

シマウマのような草食動物は肉食動物から身を守るために様々な進化を遂げてきました。

ストライプ模様もその一つです。

そのストライプがもっと小さな敵――アブのような吸血性の虫――に対しても効果があるというのですから、生命の多様性には本当に驚かされます。

 

ストライプは人間にとっても利点があるそうなので、全身をシマシマ模様にして虫刺されを防ぐ、なんて方法が流行る時代がくるかもしれませんね。

 

 

 

 

Source:CNN

動物
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント